今週の注目トピックス

2021年3月3日号掲載記事より

AJD、春季商品フェア開催 総売上金額は170億8199万円に

写真/図表

 薬系ボランタリーチェーンのオールジャパンドラッグ(AJD)は2月19日、オンラインで開催した「2021 AJD春季商品フェア」の結果発表を行い、総売上金額が170億8199万8391円になったことを発表した。
 今回のフェアは「協働~FROM THE BEGINNING『創業時の想いを胸に、新たな50年への挑戦』」をテーマに、新型コロナウイルス感染予防を踏まえ、1月25日~2月19日の期間でのオンライン開催となった。
 最終日の結果発表であいさつに立ったAJD平野健二社長(サンキュードラッグ)は、昨秋に続くオンライン開催について「全国の加盟社のほとんどのバイヤー様にフェアの内容を見ていただけるのは大きなプラス」と前置きし、「これまでのフェアでは、メーカー様の新製品のネタを仕入れるという要素が強かったが、これからは、お客様にどのタイミングでどのような商品を提案すれば喜ばれるのかという情報の共有と適切なマーケティング手法を獲得できるものとしてよりグレードアップさせていきたい」と述べた。
 続いて大賀崇浩AJD取締役商品開発・管理担当(大賀薬局)があいさつし、「AJDの51年に及ぶ先輩達か積み上げてきた歴史には、良い時も悪い時もあったはずである。今はコロナ禍で起きている急激な変化が、我々に多くの気付きを与えてくれるチャンスになるととらえ、共に困難を乗り越えていこう」と呼びかけた。

東流社、「Webプレゼンテーション」開催 春の新製品や企画を提案

写真/図表

 東流社は、2月22日~3月12日まで「2021年春 Webプレゼンテーション」を開催。メーカーの春の新製品や同社ならではの企画を提案した。
 同社は例年1月に宮城県仙台市内の会場で「春の商談会」を開催しているが、今年は新型コロナ感染拡大の状況を鑑み、Web上での商品提案に切り替えて実施した。
 「Webプレゼンテーション」では、芳賀愉一郎社長が「コロナ禍により世の中は『ニューノーマル』の生活様式へ変化を加速させているが、多くのメーカー様の協力を頂戴して、皆様の商売に少しでもお役に立てるように、企画提案をさせて頂いた。間もなく東日本大震災・福島原発事故から丸10年になる。今までの『絆』に感謝申し上げ、『Webプレゼンテーション』を通して、『希望・信頼・団結』に繋がるようにと念じている」とあいさつ。
 コンテンツは、メーカー検索、商品・シリーズ検索、企画提案コーナーで構成され、注目の企画提案コーナーでは、「新生活習慣」「マスク売場は東流社にお任せください」「災害用品見直してみませんか」「これでスッキリ!私のストレス解消法」「女性目線~ライフスタイルに合わせて~」「震災復興支援」「化粧品売場提案」「ペット売場提案」「販促ツールPOP」「春夏吊下げ商材」「園芸を楽しもう!!」など独自の提案を動画と資料によって紹介した。

資生堂、「アネッサ」新ミューズを発表 販促戦略や新TVCMなど紹介

写真/図表

 資生堂は2月18日、日焼け止めブランド「アネッサ」について、「新ミューズ就任発表会」をオンラインで開催した。
 当日は、新たに「アネッサ」ブランドのミューズに就任する池田エライザ、水川あさみ、トラウデン直美の3人のお披露目と、2月21日に新発売されるデリケート肌用UV「パーフェクト UV マイルドミルク N」など新商品、同日から放映が開始される新テレビCMなどが紹介された。
 冒頭、資生堂ジャパン・アネッサブランドマネージャーの加藤仁久氏が登壇し、UVケア市場の現況やユーザーの変化、今期における「アネッサ」の販促戦略等について説明。「アネッサ」が現在、20年連続日焼け止め市場金額シェアトップ(インテージSRI)を誇るブランドであることを紹介する一方、このコロナ禍で外出・レジャーの機会が減少し、生活者の中に「アネッサ」は必要ないとの考えが醸成していることを指摘。「この厳しい環境下でも1日でうっかり浴びてしまう紫外線量はテニスを2時間行うのと同等となる。だからこそ、しっかり紫外線対策をすることが重要」と提言するとともに、“ピンチがチャンス”という考えをコアとした「365日の紫外線ケアには『アネッサ』」を提案するためのコミュニケーションを新たに展開していく方針を示した。
 この後は、資生堂・グローバルイノベーションセンター研究員(商品開発担当)の中西紘美氏による、日常のサンケアの重要性について科学的な観点からの解説。そして、同じく2月21日から放映開始の新テレビCMの披露と、CMに出演した新ミューズ3人が登壇したトークショーが行われた。

PPIH、ドンキPB「情熱価格」リニューアル 発表会開く

写真/図表

 パン・パシフィック・インターナショナルホールディングスは2月24日、都内で「ドン・キホーテ情熱価格リニューアル発表会」を開催。この春から、ドン・キホーテのPB「情熱価格」をリニューアルし、顧客と一緒につくる「ピープルブランド(PB)」へと変革を図っていくと発表した。
 吉田直樹社長CEOはあいさつで「当社は2030年を最終年とする新中長期経営計画『Passion2030』を策定し、営業目標として国内売上高2兆円、海外売上高1兆円を掲げた。この目標を達するために様々なアクションプランを実行していくが、中でも国内事業の戦略は『PBを軸に、業態価値をさらに高める』ことであり、その中核アクションとして今回『情熱価格』を刷新する。『情熱価格』は自社だけでつくるPBではなく、お客様と一緒につくる『ピープルブランド』へと進化する」と述べた。
 次に、森谷健史PB事業戦略本部長が「情熱価格」リニューアルの概要を説明。それによると、ドン・キホーテの頭文字「ド」と情熱価格のロゴを一体化した新たなロゴを作成し、強いインパクトと看板商品であることを印象的に分かりやすく伝達する。さらに「情熱価格」の中でも、特に強い自信を持って顧客に伝えたい“最驚”のフラッグシップアイテムとして、新たなブランドライン「ありえ値ぇ情熱価格」を展開。「ありえ値ぇ!」と感嘆してもらいたいという思いで、ワードをそのままロゴマークにして商品パッケージに付けていく。
 また、顧客の率直な意見を取り入れ“最驚”(驚きのニュース)を生み続ける共創サイクルを実現するためのプラットフォームとして、ダメ出し募集サイト「ダメ出しの殿堂」(https://jonetz.com/)を開設。商品を選択し、ダメ出しを書き込んでもらい、そこで得られた様々な意見を参考に商品の開発、改善に生かしていく考えを示した。

サンスター「MAGMAS」、亜鉛導入チャレンジキット数量限定発売

写真/図表

 サンスターグループは、男性向けブランド「MAGMAS(マグマス)」から、ハリコシ低下の要因となる髪内部の亜鉛量を測定する「髪の亜鉛年齢チェック」と、亜鉛導入シャンプーの使用による髪のハリコシを体感することができる「MAGMASシャンプー1週間体験」をセットにした「亜鉛導入チャレンジキット」を、2月22日から数量限定発売している。
 本キットでは、個人個人で異なる現状の髪の亜鉛量の状態を把握し、自身の状況に合わせたケアのアドバイスを受け取ると共に、髪の内部に亜鉛を導入するMAGMASシャンプーを試用できる新サービス。
 付属のアンケートに回答し、髪を根元の方から5~10本ほど切り取り、専用の袋に封入後、付属の返信用封筒に採取した髪とアンケートを入れて送付すると、送付から1週間ほどで、登録したメールアドレスに「髪の亜鉛年齢」の測定結果レポートが届く。
 測定結果レポートでは、自身の実年齢と「髪の亜鉛年齢」との比較や、20代平均と比較した亜鉛量の割合、同年代の平均亜鉛量と比較して多いか少ないかを判定し、個人の結果に合わせ、それぞれの髪に適したケアの方法を提案する。
 また、「髪の亜鉛年齢」の測定結果レポートが届くまでのあいだ、MAGMASシャンプーを1週間体験できる。


2021年3月3日号 記事一覧

M&A・設立

  • 三宝、本島椿の全株式譲受で合意 3月1日からグループ企業に

会合・発表会

  • セブン&アイHD、セブン-イレブンの災害対策システム説明会を開く
  • 日登協、OTC薬販売規制の見直しに反対 「登販不要論払拭へ活動強化」
  • 坂出市とライオン、「坂出プロジェクト」活動内容をオンラインで報告

経営・施策

  • イオン、クスリのアオキHDの株式買い付けを実施
  • ローソン、「量り売り」取り組み拡大 ハンドソープ・シャンプーなど追加
  • ポーラ・オルビスHD、21~23年中期経営計画策定 5つの重点戦略発表
  • メディパルHD、個別化医療支援プラットフォームの共同利用へ
  • ユニ・チャーム、「脱炭素チャレンジカップ」に6年連続で協賛
  • サンスター財団、海外留学生募集 糖尿病や歯科・全身疾患の研究を支援
  • 牛乳石鹸共進社、地元・大阪市城東区で開催の音楽イベントに協賛
  • 花王、「世界で最も倫理的な企業」に認定 アジアで唯一の15年連続
  • ライオン、「第24回環境コミュニケーション大賞優良賞」を受賞

製品・ブランド

  • KPS、国際ホテル・レストラン・ショーに初出展 次世代型洗剤など紹介
  • 花王、「キュキュットClear泡スプレー」改良新発売
  • リブドゥコーポ、「リフレ超うす安心パッド男性用」などリニューアル
  • ユニ・チャーム、「銀のスプーン三ツ星グルメ」お魚味クッキーサンド発売
  • P&G、「アリエール プロクリーン ジェル/ジェルボール」発売
  • コーセー、「メイクキープミスト」パワーアップリニューアル
  • ファンケル、新ヘアケアライン「艶衣(TSUYA GOROMO)」新発売
  • SK-Ⅱ、新美白美容液「ジェノプティクスウルトオーラエッセンス」発売
  • マンダム、「ビフェスタ泡洗顔ブライトアップ」などから数量限定品発売
  • マンダム、モバイルスキンケア「ブライトスカイシリーズ」先行販売が好評

宣伝販促

  • ライオン、「ソフランプレミアム消臭」相葉雅紀出演新TVCM放映
  • コーセーコスメポート、「サンカット プロディフェンス」玉城ティナ起用
  • カメヤマ、「ご愛顧感謝キャンペーン」実施 100名に1万円が当たる

人事・組織

  • イズミ、人事異動を発表
  • いなげや、店長人事を発表
  • キリン堂HD、3月1日付でHD、キリン堂の人事異動を発表
  • セブン-イレブン、組織変更・人事異動を発表
  • クラシエHP、人事異動を発表
  • シャボン玉石けん、シャボン玉販売、取締役を選任
  • シーボン、﨑山一弘氏が新社長に就任

決算

  • ミルボン、2020年度決算は減収減益に 新たな中期事業構想を策定予定

研究開発

  • マンダム、ワキの発汗挙動把握へ 換気カプセルを独自開発、測定方法確立

調査・統計

  • SM3団体、21年1月度販売統計調査 12カ月連続で売上高前年超に
  • 経済産業省 20年1~12月度洗浄剤統計 数量103%・金額105%で終了
  • 西化工 20年1~11月化粧品統計 仕上用化粧品が深刻な状況
  • 東家同 21年1月度市況概況価格調査 タオルペーパーの需要が高水準

イベント・展示会

  • P&G、「ブラウン」が100周年 アニバーサリーイベント開く
  • 国際ホテル・レストラン・ショー開催 4日間でバイヤーなど2万人超が来場
  • ウテナ、高知県の小学校でオンライン授業 特産品ゆずが化粧品になるまで

時評・コラム

  • 時評 新常態でのフェアに卸が奮闘
  • らいたあ 我が家のニューノーマル 「最近の生活の変化」が話題


石鹸日用品新報案内

上記記事の詳細・全文は、日用品・化粧品業界の専門紙「石鹸日用品新報」最新号(水曜日発行)でご覧になれます。お申し込みは刊行物案内をご参照ください。