石鹸新報WEB-NEWS 日用品化粧品業界の主なニュースを毎週発行。重大ニュースは、速報を掲載。














お知らせ


更新日 2016..12.5








石鹸日用品新報
2015年度保存版






●メールでの
お問い合わせ、ご連絡は
こちらから

メール
2016年12月7日号  

◆ユニ・チャーム、国内市場でNet3000億目指す 第10次中期経営計画発表

 ユニ・チャームは11月29日、全国の卸店・販売店関係者など188社・460人を招き「2017年春の新製品発表会」を開催。来年から2020年までの第10次中期経営計画の概要とともに、満足度97%の世界初“ゆるうんちポケット”の搭載をMサイズにも拡大した「ムーニーマンエアフィットM寝返り~はいはい」などの新製品について発表した。
 高原豪久代表取締役社長執行役員は、「当社では2020年までの計画の中で、個々の共感を大きな共感へと導くことに長けたミレニアル世代に着目し、やる気のある若手を中心に会社や世の中を変えていく取り組みをスタートさせる」と述べ、第10次中期経営計画で実行する「3つの“M”」について説明した。
 「3つの“M”」とは、通称「プロジェクトM Vol.Ⅰ」のスローガン「Motivation(モチベーション)された Millennial(ミレニアル)世代を中核とした Mutation(ミューテーション)を実現しよう」のことで、これらを実行し、2020年までにインバウンドを除く日本市場(パーソナルケア&ペットケア)のNet3000億円規模への拡大を目指す。



◆森川産業、創業100周年記念祝賀会開催「医療衛生用品卸としての使命果たす」

 森川産業の「創業100周年記念祝賀会」が11月25日、開かれ、仕入先メーカー190社約300名が出席、盛会となった。
 森川産業は大正5年4月、国産X線管球を製作する森川製作所を前身とし、医療衛生用品などの卸売業を展開。国内に駐在所・センターを含む13の営業所と2つの店舗を持ち、全国への迅速な商品供給を促す独自のインフラを構築。平成28年度の年商は480億円。医療衛生業界のリーディングカンパニーへと成長し続け、今年創業100周年を迎えた。
 記念祝賀会では、岡本正敏社長があいさつに立ち、「当社は大正5年4月、創業者である渡辺忠恕氏が当時の日本橋区浜町に森川製作所を設立したそのはじまりである。その後、2つの世界大戦による戦前戦後の大混乱や高度成長期から平成バブルの崩壊、そして巨大地震をはじめとした幾多の自然災害、さらには流通業界の大変革を乗り越えられたのは本日お集まり頂いたメーカー様のお蔭と深く感謝している。今後も森川産業は国民の健康を守る医療衛生用品卸としての使命を果たし、150年、200年と発展していく所存である」と述べた。



◆DIY協会、「DIYショウ2017」来年8月24~26日、幕張メッセで開催

 日本ドゥ・イット・ユアセルフ協会(DIY協会)は11月30日、2017年8月24~26日の3日間、千葉・幕張メッセ国際展示場で開催するホームセンター業界の総合展示会「JAPAN DIY HOMECENTER SHOW 2017」(略称・DIYショウ)の開催説明会を開いた。
 稲葉敏幸会長があいさつに立ち、「DIYショウはホームセンター業界の総合見本市として、小売業、卸売業、製造業が三位一体となって開催し、次回で53回目を迎える。現在、ホームセンターが取り扱う商品は、日用大工だけでなく日用品からガーデニングなど幅が広く、DIYショウでも様々な商品が展示され、注目を集めている。メーカーの皆様には、イチオシの商品を積極的に出品して頂きたい」と述べた。
 「DIYショウ2017」の概要については、出展社数約500社、来場者数約12万人を目標に開催。ショウコンセプトは、「“モノづくり”を通じて“コトづくり”へ」とし、「コトづくり」を追求する次世代型DIYとして、体験や体感を通じて、モノづくりにプラスαの付加価値を加えたプログラムを多面的に展開する。中でも毎回注目を集めるテーマゾーンでは、①キラリ!DIY女子②こども・未来ゾーン③男の工房――の3テーマを用意した。


◆ライオン、「リード」新テレビCMを放映 クックパッドとタイアップ

 ライオンの調理サポートブランド「リード」は、日本最大の料理レシピサービス「クックパッド」とタイアップした情報提供により、家庭で「和食」を作ることをサポートするための施策を実施する。
 同社の調査によると家庭で和食を作るときの2大悩みは、味付けの不安と調理の手間となっていることから、このほど、クックパッドで「リード」と検索すると、「リード」を使った和食づくりに役立つコツが分かる情報の提供を開始。また、「リード」を使うことで、“魚の煮付け”が簡単にできて、家族も喜ぶというストーリーの新テレビCMを、11月16日から全国で放映している。
 同社では、「和食を簡単においしく作れるレシピと面倒な手間をかけずに上手に和食を作れるコツがあれば、和食を作る機会をもっと増やすことができる」と考え、今回の施策の実施に至った。提供するレシピは、「魚の煮付け」、「小松菜と油揚げの煮びたし」、「さつまいものきんぴら」、「まぐろのたたきサラダ」、「里芋の煮物」などで、レシピのポイントや、「リード」を使うメリットなどを紹介している。



◆バスクリン、年代別入浴時の体温変化の身体に及ぼす影響を検討

 バスクリンは、修文大学健康栄養学部との共同研究で「年代別に入浴時の体温変化が身体に及ぼす影響」について検討を行った。
 その結果、加齢に伴い入浴時の体温上昇が低下すること、また、高齢者は温度感受性の低下により日常生活における入浴温度が若年層と比較し有意に高いことが判明したことから、9月2~3日に開催された日本ハイパーサーミア学会第33回大会で報告した。


 
業界のスタンダード紙 石鹸日用品新報 


 「石鹸新報WEB-NEWS」掲載記事の詳細・全文は、「石鹸日用品新報」
(毎週水曜日発行)でご覧になれます。詳しくは刊行物案内をご覧ください。


 


■花王、来年1月1日付の執行役員の異動を発表
■コーセー、独自の技術力結集した新ブランド「ONE BY KOSE」発表
■エビス、事業方針説明会開催 創業120周年、原点に返り、価値創造企業へ
■山田製薬、霞ヶ浦工場内の化粧品新工場棟が完成 12月1日から稼働開始
■NSファーファ、17年上期戦略発表会 「リミテッドブランド戦略」推進
■サラヤ、「生物多様性アクション大賞2016」審査委員賞受賞
■花王、西日本地区の販売店約240名招き「有力販売店懇談会」開催
■花王、有力販売店懇談会での記者会見質疑応答
■オカモト、「もしもしにっぽんフェス」に出展 「オカモトゼロワン」訴求
■日本製薬工業協会、第17回製薬協フォーラム開催
■小林製薬、「血糖値コントロール」プレスセミナーを開く
■ライオン、「エコプロ2016~環境とエネルギーの未来展」に出展
■本島椿、「JAPAN HALAL & TOURISM EXPO」に出展 精油6品など訴求
■花王、「第7回花王国際こども環境絵画コンテスト」受賞者・受賞作品決定
■マンダム、30歳代の女性の肌は性周期により変化することなどを発見
■花王、「ワイドハイターEXパワー粉末タイプ」新発売
■企業探訪 バーモントソープ “米国農務省認証”オーガニック商品が話題
■ライオン、来年1月1日付で組織改正、人事異動などを発表




■経済産業省 16年1~9月期洗浄剤統計 洗濯用液体中性などが20%以上伸長
■大王製紙、「GOO.Nはじめての肌着」新生児用とSサイズを品質改良
■王子ネピア、nepia鼻セレブ「華麗なる名馬シリーズ」第8弾限定発売
■クラシエHP、ナイーブ×ご当地企画第2弾 神奈川の「桜の花」新発売
■ライオン、おしゃれ着用洗剤「アクロン」改良 テカリケアを新たに訴求
■日本香堂、ペット用線香「ハートフルメモリー」新発売
■バスクリン、「バスクリン熊本のみかんの香り」など数量限定発売
■バスクリン、「バスクリン薬湯温感EX」数量限定で発売
■ユニ・チャーム、「ナチュラルムーニー」発売記念イベント開催




■ココカラファイン、4~9月期は増収減益に 既存店は1.5%増収
■JACDS、政治連盟特別セミナー、業界研究レポート報告会開催
■ハーバー研究所、17年3月期第2四半期業績発表 売上高はプロモ強化で増加
■OTC医薬品協会等、「セルフメディケーション税制」プレスセミナー開く
■プラネットほか3社、中国越境流通プラットフォーム事業の合弁会社設立へ
■「JAPAN HALAL & TOURISM EXPO」開催 ハラール認証祝企業が出展
■東家同 16年10月度チラシ調査 TPは大手物160Wの安値10円減
■アロマ環境協会、15年のアロマ市場は3337億円 市場規模の調査実施
■SM3団体、16年10月スーパーマーケット実績速報 全店・既存店共前年増
■JFA 16年10月度コンビニ統計 既存店売上高が2カ月ぶり増に
■JCA 16年10月度チェーンストア統計 ラップ類、ペットフードが好調
■DMSバンコク流通業視察・セミナー② 「マツキヨ」「ツルハ」店舗視察




■時評 行く年が繋ぐ価値の海を漕ぐ
■コラム らいたあ 必要な時に必要な分だけ 日本と異なるタイの購入習慣







上記記事の詳細・全文は、日用品・化粧品業界の専門紙「石鹸日用品新報」最新号(水曜日発行)でご覧になれます。お申し込みは刊行物案内をご参照ください。
なお、当WEB-NEWS掲載の記事は石鹸日用品新報に基づくものであり、その著作権は石鹸新報社に帰属するものです。
当サイト中の記事、画像の無断転載を禁止します。

Copyright 石鹸新報社 All right Reserved 2001-2016